インフルエンザから自分の体を守る|病気予防サイト

効果的な予防方法

女の人

のどや気管支、肺などに感染して発症する病気の1つにインフルエンザがあります。風邪の場合は、軽度な発熱やくしゃみ、鼻づまりなどがあります。それに対して、インフルエンザは38度以上の高熱を急激に発症して、倦怠感、関節痛などの全身症状が現れます。安静にしていれば、発症から約1週間程度で治りますが、場合によっては肺炎や脳炎などと合併して重症化することもあります。インフルエンザの怖さは、強力な感染力です。自分がかかってしまうと、周囲にうつしてしまう可能性がありますし、周りからうつされる可能性もあります。インフルエンザに悩まされないためにも、普段から予防しておくことが大切です。

インフルエンザの予防方法はさまざまありますが、高い効果を発揮してくれるのが消毒液です。多くの人が触る場所に消毒液を吹きかけたり、自分の手にかけたりすることによって、菌を死滅させることができます。ただ、消毒液と言ってもさまざまな種類があるので、違いを理解した上で使用するようにしたほうが良いでしょう。家庭でよく使用されている消毒液が、消毒用エタノールと消毒エタノールIPの2つです。どちらも皮膚や器具などの殺菌、消毒の効果がありますが、それぞれ原料や成分などは異なります。特にこだわりがない場合は、どちらを使用しても問題ないのですが、こだわりたいという方は比較して選ぶと良いでしょう。薬局で購入することもできますし、通販で購入することもできます。