インフルエンザから自分の体を守る|病気予防サイト

アルコール手指消毒液

レディ

インフルエンザが流行しやすい時期は、空気が感染している11月~3月頃です。11月から流行しだして、1月~3月にピークになることが多いです。季節性のインフルエンザの場合は、この時期を目安に予防をしておいたほうが良いですが、新型のウイルスの場合は夏に流行することもあります。手軽にできる予防方法は、手洗いやうがい、マスクです。手洗いやうがいは、インフルエンザだけではなく、風邪などの感染症全般を予防することができます。帰宅したときに、手洗い、うがいをしっかり行なうことで手や口を清潔に保つことができます。石鹸で手洗いをすることで、ウイルス対策ができますが、さらにしっかりと予防したいという場合はアルコール手指消毒液を活用すると良いでしょう。アルコール手指消毒液とは、手に付着しているウイルスを消毒できる製品です。石鹸での手洗いの場合は、30秒以上かけないとインフルエンザの予防をするのは難しいです。それに対して、アルコール手指消毒液を使用した場合は、10秒でウイルスを消毒することができるのです。家に1つ置いておくだけでも、家族全員の手を清潔にすることができます。

アルコール手指消毒液の種類は色々ありますが、その1つとしてすり込み式の消毒用アルコールジェルがあります。この商品の特徴は、速乾性があるということです。一般的なアルコール手指消毒液の場合は、乾くまでに時間がかかってしまいます。それに対して、すり込み式の消毒用アルコールジェルなら、手に吹きかけたら、すぐに乾くので水で洗い流したりタオルで拭いたりする必要はありません。そのため、簡単に手を消毒することができるのです。消毒するのが面倒くさいと感じる方でも、手間をかけることなく消毒できます。